下北沢 美容室 ロッソ

Blog

スタッフブログ

下北沢の美容室が答えます!カールアイロンとパーマ、どっちが痛みますか?

よくある質問。

 

『アイロンで毎日巻くのと〜、一回のパーマって〜どっちが痛むんですかぁ〜?』

 

はいそこのキミ〜〜〜〜〜!!!

 

 

 

 

いい質問ですね〜。

 

 

答えは

 

 

 

毎日のアイロンです!!!※一部の高級ヘアアイロンを除く

 

以前もそんな話をしましたが、

ご存知の通り、髪の毛は『タンパク質』で出来ています。

 

このタンパク質は、熱変性と言って、

熱が加わると形を変え、硬く、柔軟性がなくなり、そしてもろくなります。

 

卵焼きをイメージすると解りやすいですよね、卵は同じタンパク質です。

 

まず生卵の状態、まさに潤いの塊。

トロッとしていて箸で掴みづらく、白身にいたってはちぎれません。

 

そして熱したフライパンに生卵を投入!

 

徐々に固まっていきます!

 

そしてあっという間に卵焼き完成。

硬くなってもろくなり、箸でもサクッと切れますよね。

 

これと同じ事が、熱したアイロンと髪の毛が接する事で起きてしまいます。

 

 

そして毎日やる事で、枝毛になり、やがて切れ毛になり、

挙げ句の果てにはなかなか伸びな〜〜〜〜い!

 

と言ってる人、まだまだ多めです。

 

 

 

すみません。

話が長くなりましたね!

 

 

ってな事で、結論!

パーマの方が痛みません!

 

全く痛まない!

というわけではございませんが、

昨今の優秀なパーマ液と、業界最前線のパーマのノウハウを組み合わせる事で、

痛みを感じないパーマが実現可能です。

 

 

ROSSOでは、細毛・太毛・多毛・くせ・水分量、油分、撥水するか吸水するかなどの髪質と、

カラーやパーマの施術履歴を考慮しお客様に合う最適な薬剤を選択します。

 

ロングはもちろんのこと、ボブやショートの方はパーマをかけることで、

スタイルが柔らかくなり、朝がとても楽になります。

 

身近に『あの人お洒落だな〜』とか『なんかこなれて見える』自分が一目置く人っていますよね?

 

そういう人ほど気張ってスタイリングせず、パパっと朝の身支度を済まし、

コーヒーをいれ、優雅に朝を過ごしている人なのかも!?

 

なんて思ったりします。

 

2018年、新たなデザインでスタートしたい方は河内まで!

この記事を書いた人

下北沢の美容院ロッソ
河内 章吾
Shogo Kawauchi

ショートやボブのカットが得意です!朝、楽をしたい女性は僕にお任せ下さい!

河内 章吾の記事

下北沢の美容室ロッソの最新記事