西荻窪 美容室 ロッソ

Blog

スタッフブログ

★意外と知らない!? カラーリングと白髪染めの違いって??★

最近、私を悩ます白いヤツ!

気がつけば、ちょっと増えたかも、、、。

あー、気になる。

 

こんにちは。西荻窪美容室ROSSO店長西澤です。

自分では、20代と何にも変わってないもん!!と不規則な生活習慣を

続けていたらじわりじわりと忍び寄る身体の老い、、、。

疲れが抜けないし、慢性的な睡眠不足。

 

少しの食事制限で減っていたはずの体重も、なかなか減らないー。

おまけに、人間ドックの主治医の”もう若くないんですからね”の一言。

 

はいはい、わかりました。

『自覚します。もう、私、若くありません!!』

 

でも、でも、でも、

10歳なんて高望みはしないので、せめて5歳ぐらいは若く見られたいー。

美容師だし。

 

せめて、この白いヤツがいなければ、、、。やっぱりヒゲを剃ろう、、、。

 

ヒゲに混じりはじめた白髪を、まだまだ認められない今日この頃です。

 

 

お客様から、

「そろそろ”白髪染め”に変えた方がいいんですかね?」

とご質問を頂くことがあります。

美容師にとっては当たり前の認識でも、

お客様にはちょっと分かりずらい美容師の世界。

 

誤解を恐れずに、大胆に言えば

カラーリングと白髪染めはおんなじなんです!!

 

いつも使っているカラー剤に白い小悪魔をやっつける薬を調合(混ぜる)だけなんです。

 

白い小悪魔の数によって、明るくすると目立つので一般的な市販のカラー剤は暗めが多い

白髪染め=暗くする  は間違い!

 

白髪染め=暗くするというイメージを持てれる方が多いと思いますがそれだけではないんです。

 

もちろん、暗い方がより目立ちづらいですが、明るめのカラーリングを楽しみながら

白い小悪魔をやんわりと馴染ませて、明るめなカラーリングだって出来るんです!

 

 

いつものサロンワークでやっているカラーの事をちょっと詳しく。

膨大な経験と、検証データーからカラー剤の配合を決めます。

 

(↓AVEDAカラーの色見本)この表が頭の中に入ってます。

 

色が染まる行程(ざっくりのイメージ)

  1. 1剤と2剤を混ぜて髪に塗布。
  2. キューティクルをアルカリ剤(アンモニア等)がこじ開ける。
  3. 髪の本来の黒(メラニン色素)を分解しながら、髪の内部で色が発色する。白い小悪魔もこの時染まる。

 

カラー剤の選び方(美容師の頭の中)

  1. イメージする髪の明るさ(トーン)と、今の髪の明るさを照らし合せてカラー剤の明るくするパワーを決める。
  2. イメージする髪の色味と、今の髪の色味を照らし合わせてカラー剤の色味を決める。
  3. 白い小悪魔がいれば、やっつける色味の量を決める。
  4. 髪のダメージに合わせて2剤のパワーを決める。

 

(↓膨大な色とトーンの組み合わせ)

 

(↓こちらが1剤)

 

(↓こちらが2剤)

(↓この色味が白い小悪魔をやっつけてくれる頼もしいヤツです)

 

ちなみに、ROSSOではAVEDAの他にも、4社以上のカラー剤を取り扱っています。

こんなに多くのカラーメーカーを使っている美容室も珍しいみたいですよ。

「この色味は、このメーカーの方が得意!」とか、かなりマニアックな知識と、検証で

より良いカラーリングをお客様に提供しています。

 

最近の僕の旬なカラー剤の配合は

「10Nに、ライトのBGR 2割、ライトのBB2割、ダークのNNも1割。4.5%」

10N:L-B/GR:L-B/B  =  10:2:1

綺麗な透明感のある寒色系の色味が出るんです。

マニアックですみません・ 笑。

 

春夏はちょっぴり髪色を明るくして、白い小悪魔とも仲良く

マイナス5歳の艶髪で楽しんじゃいましょう〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

西荻窪の美容院ロッソ
西澤 桂一
Keiichi Nishizawa

なかなかモノが捨てられない性格です。

西澤 桂一の記事

西荻窪の美容室ロッソの最新記事