西荻窪 美容室 ロッソ

Blog

スタッフブログ

僕ができる小さな小さなお手伝い。ヘアードネーションby西荻窪 美容室 ROSSO

『ヘアードネーション』

頭皮・頭髪に関わる何らかの病気が原因で髪の毛を失い、ウィッグを必要としている子ども達に、医療用ウィッグの原料となる毛髪を間接的に提供すること。

 

ヘアードネーション、皆さんご存知ですか?

 

今、一般に販売されているウィッグの殆どは成人女性が対象となっている為、医療用ウィッグで、しかも小児用となると、極めて限られた種類のものしか流通しておらず、それも化繊・アクリル製が殆どです。これら人工素材は安価ではありますが、カツラであることが容易に識別できることから、患者本人にとっては本来は楽しみなはずの学校生活への復帰に不安を抱えることになります

 

切り落とした髪はそのままではただのゴミでが、ある程度の長さと適切な処置によって、人毛ウィッグとして活用することができます。

JAPAN HAIR DONATION & CHARITY(ヘアードネーション ジャーダック)HPより抜粋

ジャーダック↓ 詳しくはこちらを。

https://www.jhdac.org/index.html

 

ロッソのお客様の中でもヘアードネーションをされる方が少しずつ増えています。

先日僕のお客様でもご自身の髪を寄付したいと言うことで4年半伸ばした髪をバッサリに切らせていただきました。

 

きれいに伸ばしたストレートヘアー

毛がほどけないようにしっかり結びます。

計って(必要な長さは30センチ以上)

 

なんと、50センチ。

ヘアドネーションの規定の長さは31センチ。ですが、もっとも足りない長さは50センチ以上だそうです。

〇〇さんは、50センチの寄付がしたくてずっと伸ばされていました。

 

大事な髪にハサミを入れます。

 

 

1束、1束、4年半重みを感じながらカットさせていただきました。

切り上がり↓

 

 

最後にここから、ヘアカラー&カットで仕上げます。

 

カラーはこの秋冬オススメの『スモーキーミントベージュ』

カットは頭の形をきれいにみせるショートボブに。

 

マフラー巻いても、タートルでも、◎

ロングからのショート。新しい髪型で新しい季節に突入します。

今回は素敵なボランティアのお手伝いができました。

新しいウィッグが少しでも早く待ちわびてる子供たちに届きますように。。。

 

※ヘアードネーションをお考えの方は随時受け付けてますので相談してください。

 

FUJIKAWA 最新ブログ

育児休暇を取ってみて。美容師として、父親として。

 

痛まないブリーチを知っていますか?シャワルツコフ ファイバープレックス by ROSSO HAIR 西荻窪

 

ロッソスタイリストIKEDAのヘアードネーションブログ

ヘアードネーション 髪でできるボランティア 西荻窪 美容室

この記事を書いた人

西荻窪の美容院ロッソ
藤川 淳史
Atsushi Fujikawa

ハンドブローでスタイリングできる簡単なカット、ツヤのある色持ちが良いヘアカラーを得意としています。

藤川 淳史の記事

西荻窪の美容室ロッソの最新記事